FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
オンリーワンコンサルティングに住むオンリーわんこが、サイグラムを通して人間関係がもっとラクになり、心がほっとできるコツを紹介します。
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on 11:14:05
サイグラムを受講した取引先の山口さんから
杉田康紘社長に電話が入った。

「サイグラムを受講して、子供の話をちゃんと聞くことと、
褒めることをずっとやっていたら、
子供がよくしゃべるようになったんですよ!!」


「えっ本当?それは、よかったですねえ」杉田社長も嬉しそうだ。
「今まで、うちの妻も子供にガミガミ言っていたのですが、
それを止めたんです。
そうしたら、本当によくしゃべるようになって、
自分の感情もよく言うようになりました」
「へえ~、例えば?」
「駄々をこねるようになったんですよ。
この前は、“幼稚園に行きたくない~”とか。
今までそういうことも言わなかったから、
子供らしくなったなあって。」


「嬉しいでしょう?」
「いや、本当に。すっごく可愛いですわ」
山口さんの嬉しそうな声が受話器から漏れてきた。

杉田社長が受話器を置くと、
このやりとりを聞いていたユカちゃんが、
「私の妹も、そのお子さんと同じタイプだから・・・
そうだったんだ。」

「どうしたの?」杉田社長が聞いた。

「うちの妹は、周りからよく私と比較されていたようで、
それを母にグチっていたんだけど、母は“そんなことはない”って
いつも妹のよい所を褒めていました。
中学生の頃かな、妹が母に
“お母さんが私を褒めていてくれたから、
私はグレずに済んだ”って言ったらしいんです。」

「ああ、それはお母さん、いい子育てをしたね」杉田社長は言った。
「私も母も、妹は周りの目を気にしすぎだって思っていたんですけど、それは妹の性質によるものだったんですねえ。」
「うん、そうだね。妹さんも、山口さんのお子さんも、
人から評価されたい、尊敬されたいという気持ちが強いからね。」

「妹は自分にとても厳しい。
たとえば、“私はロクに子育てをしてない”なんて言うんです。
私から見れば、妹はちゃんと子育てをしているんだけど。
だから私は姉という立場で
ついアドバイスをしてしまうんです・・・」
「そこが、妹さんの特性なんだけどね。
今度は、妹さんを褒めるような言葉をかけたらどうかな?
きっと変わると思うよ。」


今までわからなかった妹の本当の姿が見えたようだ、
とユカちゃんはニッコリ。

家族や兄弟とのちょっとしたすれ違いも、
サイグラムが解決してくれるんだね!
スポンサーサイト


copyright © レッツ・サイグラム~コミュニケーション達人への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。